水洗顔で肌がカサカサになる?

普通の洗顔方法から水洗顔に切り替えた当初は、カサカサになることがあります。
今までは保湿成分入りの洗顔料で顔を洗い、その後、化粧水や乳液などをつけていたかもしれません。
このケアを続けていた間は、たとえ肌がカサカサしていても肌が潤っているように誤魔化すことができました。

 

しかし、水だけで洗うようになり、さらに化粧水などもつけなくなると、カサカサは誤魔化せなくなります。
こうなると水だけで洗うメリットはなさそうに思えますが、これは切り替えたばかりの時だけです。

 

しばらくすると、肌が本来持ているバリア機能が回復し、適度な皮脂で潤いが戻ってくるようになります。
急にカサカサになってしまうと、不安で元の洗顔方法に戻りたくなるかもしれませんが、ここで戻ってしまうと正常な肌の力が回復しません。
しばらくは辛いかもしれませんが、化粧品などで低下した肌の機能が回復するまで我慢することが大切です。
どうしても乾燥して辛い時には、ワセリンをピンポイントでつけてあげるといいでしょう。
ワセリンを塗る時には、べたつかない程度の少量を、押し付けするようにして使います。
塗りすぎたらティッシュで押さえて吸い取ってあげましょう。

 

 

水洗顔を始めるとかゆみが出る?

水洗顔を始めてからかゆみの症状が出る場合があります。
それは肌が、リバウンド期間に突入した証拠でしょう。

 

リバウンドというと、ダイエットをした後に体重が更に増えてしまう現象を思い浮かべますが、ここでいうリバウンドは、一時的に肌が保湿機能を失って荒れてしまう現象のことです。
水洗顔は、30度程度のぬるま湯だけで顔を洗う美容法です。
石鹸を使うと洗いすぎてしまう脂分や水分を肌にとどめることで、乾燥肌やオイリー肌を改善する効果があります。
ぬるま湯だけで洗った後は、清潔なタオルでそっと押さえるだけで、化粧品などもなるべく使用しません。
化粧品の過剰な保湿効果によって、肌本来の保湿機能が落ちてしまっているため、過剰なケアを止め、肌のターンオーバーを正常に戻してあげるためです。

 

しかし化粧品の保湿効果に頼り切っていたお肌は、いきなりその力を借りられなくなり、一時的に赤みやかゆみなど、肌荒れの症状を起こします。
こういったかゆみなどの症状は、ターンオーバーが正常になり、保湿機能が戻ることで改善されます。
辛い時期を乗り越えて美肌を手に入れるためにも続けることが大切です。

 

 

乾燥肌を改善する水洗顔の仕方はある?

乾燥肌では、常に肌がカサカサしていて辛いものです。
特に冬は空気も乾燥するため、症状が悪化して肌がつっぱったり、痛みを感じることもあります。
乾燥を防ぐクリームやオイルが欠かせなくなる人もいるでしょう。

 

そんな乾燥肌の場合、水洗顔する際にも注意が必要です。
水洗顔とは、水だけで洗顔し、化粧水などはつけないスキンケアです。
洗顔は、肌の汚れを落としてくれるので欠かせないものですが石鹸や洗顔フォームは汚れと共に肌の皮脂や水分を奪ってしまいます。
乾燥肌の場合は、肌自体も水分が少なく、弱っている状態なので、クレンジングや石鹸を使って、ゴシゴシと擦る洗顔より、水だけで洗う水洗顔がおすすめです。

 

しかし、水洗顔の方法を間違えると、逆に肌を乾燥させる原因にもなります。
まず、洗顔時には水の温度に注意しましょう。
熱めのお湯で洗っていると水洗顔でも必要な成分も流してしまいます。
水洗顔の温度はぬるめの水が良いでしょう。
逆に冷たすぎる場合は、落とすべき汚れも落とせず肌もくすみがちになります。
乾燥肌の場合汚れを落とすよりも刺激を少なくすることが大切です。
かなり乾燥が深刻な場合は、水洗顔の後にワセリンで保湿してみても良いでしょう。

 

 

すすぎ洗いをする適切な回数は?

通常、朝起きたら洗顔をし、帰宅後や夜も洗顔をします。
そのとき、洗顔料やクレンジングを使いますが、水で顔をすすぐ回数は何回が適切なのでしょうか。
顔を洗う洗顔料には、顔についた汚れや皮脂を落とす他、同時に保湿など美容成分の含まれているものもあり、肌に潤いを与えてくれています。

 

しかし、洗顔料のすすぎが不十分で、洗い残しがある状態では、雑菌が繁殖してしまい、肌のトラブルを引き起こす原因にもなってしまいます。
水ですすぎ洗いをするというのは、洗顔料をキレイに洗い流すという意味なので、正しい回数はありません。
キレイにしたいという気持ちが強くて、ついつい洗顔料を使いすぎてしまう人もいますが、用量を守って使いすぎずに適量で洗顔をすることが望ましいでしょう。
洗うときにもゴシゴシと力を入れて洗うのではなく、よく泡立て、その泡で顔を覆うように丁寧に、水やぬるま湯でキレイに洗い流しましょう。
回数は3回では少ないので、5回以上しっかりと洗い残しがないか確認をしましょう。

 

 

水洗顔はどのくらいの期間で効果が出るの?

水洗顔は、肌をリセットさせ、バリア機能や保湿機能を正常な状態に戻すことが目的です。
皮脂を取るための過剰な洗顔は肌を刺激し、必要な脂分まで洗い落としてしまいます。
水洗顔の方法は石鹸やクレンジング剤など使わずに、水やぬるま湯だけで洗顔する方法です。
この方法を続けることで一時的に酷い乾燥やかゆみ、吹き出物の発生などトラブルが起こることもあります。

 

しかし、この症状は肌が本来の機能を回復するために必要な期間です。
では水洗顔は一体どのくらいの期間続けると効果がでるのでしょうか。
効果を実感するには個人差がありますが、早い人で1ヶ月ほどの期間が必要です。
効果の目安は、肌の生まれ変わりの期間が必要でしょう。

 

肌の生まれ変わりをターンオーバーといいますが、二十歳までであれば、その周期は28日間といわれます。
二十歳以上であれば、28日間に年齢-20を足した日数が目安になります。
30歳であれば、38日間が肌が生まれ変わるために必要な日数になります。
最低でもこの期間継続しないと効果が表れないということになります。
この日数を過ぎても効果が見られない場合、水洗顔の認識を誤っている疑いがあります。
水の温度や肌質を再確認しましょう。
皮脂の分泌量が多く、脂性肌の場合はぬるま湯、乾燥肌であれば、水の洗顔で十分です。
このように自身の肌質にあった洗顔をすることも効果を得るためには必要です。

 

 

関連サイトを紹介

水洗顔について色々解説していきました。
こうしてみると、様々な側面があることがわかります。
ニキビで困った状況になっている人がたどり着く情報でもありますが、ニキビなら部位に合わせたケアについて知ることもポイントです。
顎ニキビについての情報がたくさん紹介されているサイトを掲載しておきます。